アイクリームがしわに確かな実感!効果を実感したいあなたへ

アイクリーム しわ

しわができやすい人できにくい人

 

人間はその特徴が千差万別ですが、しわのできやすい人と、できにくい人がいます。この両者の間にはどんな違いがあるのでしょうか。しわというのは肌にできるものですが、どのようにしてできるかというと、皮下脂肪が縮んだ結果、その体の中身を包んでいた表皮と真皮があまり、たるんでしまったことでできるのがしわです。

 

肌は、上から表皮、真皮、皮下脂肪と層になっていますが下の層が減ってくると上の層があまってたるみやすくなります。こうしたしわの原因を作っているものは様々ですが、たとえば表情や癖によって生じるしわがあります。眉間やおでこ、目尻にしわができる人も多いでしょう。顔をよく動かす人に多いしわです。また、体格によってはしわができやすい人もいます。

 

根本的には太っていると中身が詰まっているためにむしろ皮膚を張らせる傾向がありますが、痩せている人は中身がすかすかになって皮膚が余るようになり、しわができやすくなります。女性の出産後や、また急激なダイエットの後などは皮膚が余ってしわが生じやすいので注意しましょう。

 

肌が乾燥しやすい人もしわができやすくなります。肌がダメージを受けると肌が老化してしまってしわが作られるようになります。このようにしわができる原因は様々です。上記のような特徴の有無がしわのできやすさを左右していると言えるでしょう。ですから、美容のため健康のためにやっていることや普段の習慣の中にしわの原因があるとも言えます。十分に注意してくださいね。

 

 

しわなどの肌トラブルは血行不良が原因

 

毎日きちんとスキンケアしていたとしても、肌トラブルを完全に無くすというのは難しいものです。肌トラブルを少しでも減らしたいと思っている人は、血行不良に注意しましょう。血行不良はちょっとしたことでも起こりますし、動脈硬化のような重大なものでなければ、病院に行くほどのこともないかもしれません。

 

血管はある程度のしなやかさが保たれていることで血流を促してくれるのですが、これがダメージを受けて硬くなったり、また血管を流れる血液の成分や血圧に問題が生じると体の様々なところで血行が悪くなって、全身に多くの不調が生じます。肌も血流の良しあしの影響を受けやすく、血行不良になると栄養が十分に細胞に届かなくなるため肌のターンオーバーがうまく進まず、肌トラブルは起こりやすく治りにくくなるのです。

 

肌のターンオーバーが進まずに十分に肌の成分が作られなくなってくると、しわやたるみなどのいわゆる老化現象が起こりやすくなってきます。若い人だとしても、生活習慣が悪いとこのターンオーバーが乱れてしまって健康的な肌が育ちませんので注意しましょう。

 

また、偏った食生活や睡眠不足、また強いストレスが続くようになると、それによって血行などを調節している自律神経の働きに異常が生じ、血行不良が生じるようになります。それに伴って肌トラブルも多発するようになりますので、普段の生活に十分に注意するようにしてください。それが気になるしわなどの肌トラブルを予防する近道です。

 

しわの改善に効果的なツボ

 

お肌の曲がり角と呼ばれる年齢は25歳や30歳と言われますが、その頃になると体内の様々な変化も相まって、女性の肌はトラブルが多くなってきます。これくらいになると、しわやシミが徐々に大きくなったり肌の奥深いところにまで届いてしまうようになりますから、意識してエイジングケアを行っていく必要があります。

 

スキンケアを充実させるために化粧品などを探すのも良いですが、何より基本となるのが血流を整えたり、ホルモンバランスを整えることです。毎日ハードな生活をしている中でスキンケアを頑張っても本末転倒。しっかりと日々の身体のケアをしていきましょう。

 

そのためにも覚えておきたいのが顔の血流をよくしてくれるツボです。ホルモンバランスを整える効果のあるツボや肌の新陳代謝を高める効果のあるツボを知っていると、日々のケアにプラスの効果が期待できます。ホルモンバランスを調整する効果があるツボとしては、第6頸椎点が有名です。

 

これは頭を前に倒したときに、首の骨の後ろ側に大きく突き出る骨がありますが、そのひとつ上から左右にちょっといったところにあります。ここを刺激することで甲状腺ホルモンや全身の新陳代謝を高めるように作用し、肌トラブルの改善にも有効です。

 

肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーをよくするには顴?(かんりょう)のツボが良いでしょう。ほお骨の下端にあるツボで、下から触ると窪んでいる部分です。押すとちょっと痛い部分です。ここを刺激すると顔の血液循環が改善されて顔の新陳代謝がすすみ、美肌効果があります。どちらも、あまり強く押さずに、ゆっくり力を入れて気持ちよさを感じる程度にするのが良いでしょう。

 

しわ改善にマッサージ

 

しわが生じてしまう原因は様々ですが、いろんな原因がある分、思わぬところで改善が進む場合もあります。しわができる原因として盲点となりやすいのがストレスです。ストレスは精神的なものだけでなく肉体的なものも含みます。多くの刺激にさらされ絶えずコラーゲンが破壊されている肌は、実はたくさんのストレスを受けているのです。

 

そして、ストレスと言うと心が原因でその症状が体に現れると言われることも多いのですが、実は体の症状がストレスとなって心が苦しくなっていることも少なくありません。肩凝りがあると無意識に肩をほぐし、整体などでマッサージをしますが、終わった後は気分が明るくなるという人も多いのではないでしょうか。これは体の負担が少なくなったことで精神が受ける効果です。

 

このように考えると、良くも悪くも一緒にサイクルを作って回り出すのが体と心の特徴なので、しわの改善にもこのストレスを解消するアプローチがいいのではないかと思います。マッサージは特別に時間をとらず、テレビを見ながらでもできますし、お風呂上りや就寝前のちょっとした時間でもできます。体のコリ、特に首や肩、頭皮など、頭部の血行に関係する部分をしっかりほぐしてあげるとストレス解消にも効果的です。

 

血行が良くなることで肌の新陳代謝も進みますし、また肌の乾燥も防ぐことができます。そして、脳に酸素や栄養がしっかり届くので、脳が受けているストレスも軽くなって頭がスッキリするなど、しわだけでなく多くの効果があるのでおすすめです。

 

表皮型のしわの特徴

 

しわと一言で言っても多くの種類があります。表皮でおきる仮性じわやちりめんじわと言われるようなしわは、表皮型と言われ、表皮における水分量と新陳代謝の低下によって生じる種類のしわです。皮膚の表面が乾燥した時にできる一過性のしわもこの表皮型に分類されます。特徴としては、おでこや目尻、目頭といった皮膚の薄い箇所にできやすい点があります。ちりめんじわと言われるものは目元の細かい浅いしわを言いますが、これが密集して重なると大きなシワに見える特徴があります。

 

肌は何層にも重なって構成されていますが、最も表面にある「表皮」は外側から特に見えやすい部分であり、その部分にできるしわは浅いながらも目立ってしまいます。この表皮は肌の潤いを閉じ込める働きをしていますが間違ったスキンケアや加齢によってその機能が弱くなってしまい、肌が乾燥して細かいしわができるようになります。表皮は乾燥すると柔らかさが無くなり、薄く硬くなるため、その時にしわができやすくなってしまいます。

 

逆に言えば、しっかり保湿して乾燥を防ぐことができればしわは改善に向かいます。乾燥してしわができた状態を放置すると、肌の奥深くの水分まで蒸発してしまい、しわがどんどん深くなるので注意しましょう。表皮型のしわに対しては、何と言っても保湿が一番効果的です。保湿効果の高い化粧水や美容液をうまく活用して効果的に対策しましょう。また、血行を促して全身の新陳代謝や肌のターンオーバーをうながすのも肌の状態の改善に効果的です。

 

アンチエイジングは攻めの姿勢で

 

今、加齢の影響を少しでも緩和するアンチエイジングが流行していますが、若いうちからしっかりスキンケアをしていくことが大切です。アンチエイジングはトラブルが生じてからでは遅く、対策は早ければ早いほどいいのです。

 

早めにケアする習慣になっていれば、その分だけ肌へのダメージの蓄積が少ない状態で、ケアによって回復に向かわせる状態ができますから効果的です。アンチエイジングも今は攻めるアンチエイジングが必要になっているのです。

 

おすすめ!>>>使えるアイクリーム!しわにおすすめ達成アイテム

 

紫外線対策は基本中の基本ですが、毎日日焼け止めクリームを使用することで、肌の老化を鈍化させることができると言われています。しかし、日焼け止めの効果が強ければ強いほど、肌への負担も大きくなりますから、異なる強さの日焼け止めを持っておいて、紫外線の状況を見て使い分けるのが良いでしょう。

 

また、甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意して、食物繊維やビタミン、ミネラルなど体の酸化や老廃物の蓄積を防ぐことも大切です。体の内側から老化や酸化をうながす食品には十分注意する必要があります。

 

そして、年齢をずっと老けて見せる目元のシワに要注意です。これは早くから対策をするにこしたことはないと言われています。アイクリームによるケアが効果的で、早く始めておくと5年後、10年後に大きな差になります。アイクリームはトラブルが出てから使うと思っていたら、一番予防効果の大きい時期を逃しますよ。

 

アンチエイジングは年齢を重ねてからではなく、「若いうちから」が最近のトレンドです。受け身の姿勢ではなく、攻めの姿勢でアンチエイジングに取り組みましょう。

更新履歴

メニュー